野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 岩隈久志は5点差守れず3敗目 悪夢の5回、一挙7失点KOにベンチで呆然

岩隈久志は5点差守れず3敗目 悪夢の5回、一挙7失点KOにベンチで呆然

マリナーズの岩隈久志投手は24日(日本時間25日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、4回2/3を7安打7失点で3敗目(5勝)を喫した。

4回までは内野安打1本の快投も…、7失点はメジャー自己ワーストタイ

 マリナーズの岩隈久志投手は24日(日本時間25日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、4回2/3を7安打7失点で3敗目(5勝)を喫した。5点リードの5回に突如崩れて、今季ワースト、メジャー自己ワーストの7失点でKO。逆転されたマリナーズは5-11で敗れた。

 岩隈は4回まで内野安打1本のみの快投。高めへの力のある直球を有効に使い、アスレチックス打線をほぼ完璧に抑えていった。

 マリナーズ打線も3回にカノのタイムリーで先制。さらに、グティエレスが3ラン、トランボがソロ本塁打を放ち、1イニングで一挙5得点と岩隈を援護した。

 しかし、岩隈が5回に突然崩れる。先頭ボグトのフラフラと上がったフライを左翼手トランボが捕球できず、二塁打にしてしまう。1死後、バトラーにはこの日初めての四球を与えると、2死からソガードにセンターへのヒットを打たれて2死満塁のピンチを招く。

 続くバーンズに右翼線への2点ツーベースを浴び、カナのレフト前ヒットでさらに2点を返される。続くレディックは一塁へのゴロに仕留めたが、ベースカバーに入った岩隈と一塁手のレディックの動きが重なりセーフ。その間に二塁走者が生還し、記録は一塁への内野安打で同点となった。

 続くバレンシアには左中間への勝ち越し2ランを浴びて7失点。4回まで抜群の安定感を見せていた右腕が打ち込まれ、逆転を許した。岩隈はここで降板を告げられ、ベンチから呆然と試合を見つめた。

 マリナーズは7回にも守備のミスが絡んで1点を奪われると、9回にも3点を追加されて5-11で敗れた。

 岩隈は4回2/3を投げ、1本塁打を含む7安打、メジャー自己ワースト7失点で3敗目。自身初のノーヒットノーランを含む3連勝中で、8月に入ってからは4戦3勝と好調だったが、痛恨の黒星。月間MVPは絶望的となり、防御率は4.29と悪化した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中