野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム大谷、今季最速161キロに「真っ直ぐは全体的に良かった」

日本ハムが本拠地・札幌ドームでの西武戦に3-0で勝利した。初回に中田、近藤のタイムリーで3点を先制し、先発の大谷は8回無失点の見事な投球でハーラートップを独走する13勝目を挙げた。

日本ハム

近藤が初回にタイムリー二塁打「真っ直ぐ一本に絞って」

 日本ハムが本拠地・札幌ドームでの西武戦に3-0で勝利した。初回に中田、近藤のタイムリーで3点を先制し、先発の大谷は8回無失点の見事な投球でハーラートップを独走する13勝目を挙げた。

 お立ち台に上がった近藤は、初回のタイムリー二塁打を「中田さんもチャンスで繋いでくれましたし、最近タイムリーがなかったので良かったです。(西武先発)菊地さんの真っ直ぐが速かったので、真っ直ぐ一本に絞って打席に入りました」と振り返った。

 近藤はこの日3安打猛打賞の活躍。「バッティングでしか貢献できないので頑張りたいと思います」と指名打者としての出場が続く現状を語りながら、打撃好調の要因を「準備を大切にして試合前からやっているので、それが結果に繋がっていると思います」と語った。

 大谷の投球については「心強いですし、早い段階で点を取れたので、その後は翔平に任せました」とエースの投球を称えた。

 続いてお立ち台に上がった大谷は、球場を包む大歓声に「本当にすごく嬉しいですし、昨日も勝っているので、明日も勝てるように頑張りたいなと思います」とコメント。

人気記事ランキング