野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】開幕コールド発進 西谷監督、清宮を「勝負強いバッター」と4番起用

「一番安定感のある上野にしてよかった」指揮官は試合後、5者連続を含む8三振を奪い、6回2安打無失点の快投を見せた上野を絶賛した。

先発には上野を起用、「一番安定感のある上野にしてよかった」

 第27回U-18(18歳以下)ワールドカップが開幕し、初優勝を目指す高校日本代表は初戦でブラジル代表に14-0の7回コールドで快勝。先発の上野翔太郎投手(中京大中京)が6回2安打無失点の好投を見せると、4番に抜擢された唯一の1年生プレイヤー・清宮幸太郎(早稲田実業)も3打数1安打2打点2四球で勝利に貢献した。試合後、西谷浩一監督が起用の裏側を明かした。

「一番安定感のある上野にしてよかった」

 指揮官は試合後、5者連続を含む8三振を奪い、6回2安打無失点の快投を見せた上野を絶賛。「ブラジルの練習を見ていて、左打者が少ない印象を受けた。またアウトコースのボール球を振る傾向が見られたので、インコース、アウトコースに投げ切れる投手を、と。大役をやってもらえた」と抜擢の舞台裏を明かした。

 本来であれば「試合の半分くらい」と想定していたが、「球数少なくいっていたので」と6回まで続投させ、7回は森下(大分商業)につないで完封リレーを飾った。

 また、野手では唯一の1年生プレイヤーの清宮を「勝負強いバッターなので」と4番に抜擢。注目を集める16歳は、6回の満塁のチャンスでは三振を喫したが、3打数1安打2打点2四球と勝利に貢献した。打線全体では7回14得点でコールド勝利を収めた。

 次戦は29日17時30分からのアメリカ戦。強豪国相手にこの日のような安定感と爆発力が見られるか、注目される。

【了】

富樫重太●文 text by Shigeta Togashi

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中