野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】日本が米国から3点先制 オコエ驚異のスピード、適時内野安打に“神の手”生還

高校日本代表が29日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第2戦(舞洲ベースボールスタジアム)で米国代表と対戦し、5回に待望の先制点を奪った。

20150829_okoe

5回に津田が待望の先制打、さらにオコエの“足”で2点追加

 高校日本代表が29日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第2戦(舞洲ベースボールスタジアム)で米国代表と対戦し、5回に待望の先制点を奪った。

 日本の佐藤(仙台育英)、米国のギャレットと両投手の好投で、両チーム無得点のまま試合は5回へ。日本は1死満塁のピンチを切り抜けると、その裏に大きなチャンスをつかむ。

 1死二塁として、津田(浦和学院)がライト前にタイムリー。攻めあぐねていたギャレットから1点を奪った。さらに、2死二塁で今度はオコエが一塁方向へ高いバウンドのゴロを転がす。すると、圧倒的なスピードでベースカバーに入ったギャレットよりも一足早く一塁を駆け抜けた。

 二塁走者の舩曵(天理)が二塁から一気に生還し、2点目を奪った。さらに、篠原の打席ではオコエが2球目に二盗に成功。篠原はストレートの四球で出塁した。

 その後、平沢の打席でオコエが飛び出し、二、三塁間に挟まれたが、三塁手が二塁へ悪送球。すぐに三塁へと向かったオコエは、右翼手が処理にもたつく間に一気に本塁へと突入すると、相手捕手のタッチをかいくぐりながら滑り込み、ベースを左手で触って生還した。

 オコエの驚異的な走塁で、日本が3点を先制した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング