野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・大竹が“竜キラー“ぶり発揮 7回無失点の快投で約3か月半ぶり2勝目

巨人・大竹が“竜キラー“ぶり発揮 7回無失点の快投で約3か月半ぶり2勝目

巨人の大竹寛投手が29日、“竜キラー“ぶりを発揮し、約3か月半ぶりの2勝目(3敗)をつかんだ。

巨人

昨季は9勝中6勝が中日戦、巨人は3カードぶり勝ち越し

 巨人の大竹寛投手が29日、“竜キラー“ぶりを発揮し、約3か月半ぶりの2勝目(3敗)をつかんだ。

 中日戦(東京ドーム)に先発し、内角をえぐるシュートでテンポの良い投球を披露した。初回先頭では大島の三遊間を襲うライナーを三塁・村田がダイビングキャッチするなど好守にも助けられ、6回2死まで無安打投球。7回89球、4奪三振、2安打無失点だった。5月13日の広島戦(東京ドーム)以来の勝ち星をつかんだ。

 広島からFAで移籍した昨季は9勝中、6勝(1敗)を中日戦で挙げた。チームは5連敗の後、2連勝。2夜連続の完封勝利で、3カードぶりの勝ち越しとなった。

――久々の大歓声を浴びて。

「とてもうれしいです」

――中日打線を相手に6回途中まで無安打。

「投げている感じも良かったですし、目の前の打者1人1人を打ち取っていこうと思って投げてました」

――得意のシュートも右打者の内角へ投げていた。

「持ち球なのでしっかり投げました」

――打線も初回に2点を先制。6回の阿部の一発は心強かったのでは?

「あの一発に勇気をもらいましたし、気合も入りました」

――6回途中まで無安打。ノーヒットノーランの意識は?

「いえいえ、特に意識はしなかったです」

――6回2死で大島に初安打を許したが、続く亀沢を三振に仕留めた。

「走者を出してからが本当の勝負。絶対に抑えようと思って投げました」

――3か月半ぶりの2勝目。

「なかなかチームに貢献できなくて、申し訳ない気持ち強かったですけど、まだまだ試合はあるので、自分がチームに貢献できるように頑張ります」

――暑い夏のジャイアンツ球場で黙々と練習していた。

「とにかく1日1日を必死に練習しましたし、こうやってドームで勝てることをイメージして練習しました」

――昨秋は右肩を痛め、阪神とのCS最終ステージでの登板はなかった。

「絶対に優勝したいと思ってますし、そのために投げていきたいと思います」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング