野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】1安打でも出塁率8割超え!? “恐怖の四死球男”舩曳が日本の3連勝に貢献

第27回U-18(18歳以下)ワールドカップに出場しているU-18日本代表は30日、舞洲ベースボールスタジアムでオーストラリアと対戦し、10-1で勝利した。1次リーグ無傷の3連勝を飾る中、9番打者の舩曳海外野手が今大会“四死球男”ぶりを発揮している。

20150830_funabiki2

2回と5回に押し出し四球&9回に今大会初ヒットで4打点、3試合で9四死球に

 第27回U-18(18歳以下)ワールドカップに出場しているU-18日本代表は30日、舞洲ベースボールスタジアムでオーストラリアと対戦し、10-1で勝利した。1次リーグ無傷の3連勝を飾る中、9番打者の舩曳海外野手が今大会“四死球男”ぶりを発揮している。

 開幕から2試合ではブラジル戦が三振、四球、死球、四球、アメリカ戦が四球、四球、死球と7打席6四死球という成績で、この日もボールをよく見た。

 2回2死満塁の場面。オーストラリア先発バレッドからフルカウントまで持ち込むと、低めのボール球を見逃し、先制となる押し出し四球。さらに6回にも無死満塁から押し出しの四球を選び、3-0とする追加点をもたらした。さらに8回の第3打席でも四球を選んだ。9回には2死満塁で左前に今大会初ヒットとなる2点タイムリー。この日、4打点と大暴れした。

 これで舩曳は3戦、12打席で3打数1安打、9四死球。1安打にも関わらず、出塁率は8割3分3厘となっている。

 アメリカ戦ではオコエの一塁への高いバウンドの内野安打で二塁から一気に生還。また、今大会ここまで4盗塁と俊足も持ち味だ。驚異的な出塁率を誇っている9番打者は、日本チームにとっても大きな戦力となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング