野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】勝俣が今大会日本1号! 初回に右中間へ先制3ラン、日本はいきなり5得点

高校日本代表は31日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第4戦(舞洲ベースボールスタジアム)でチェコ代表と対戦し、東海大菅生の勝俣翔貴が今大会日本1号となる先制3ランを放った。

20150831_katsumata

高めに浮いた球を逃さず右中間へ先制弾

 高校日本代表は31日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップの1次リーグ第4戦(舞洲ベースボールスタジアム)でチェコ代表と対戦し、東海大菅生の勝俣翔貴が今大会日本1号となる先制3ランを放った。

 日本は初回、オコエが相手失策から盗塁、篠原がセンター前ヒットで無死一、三塁とチャンスを作る。ここで、勝俣は196センチ右腕フルコの高めに浮いた初球を見逃さずフルスイング。右中間スタンドへ叩き込んだ。

 日本のホームランは4戦目にして初。投手で登録されている東海大菅生のエース勝俣だが、打者としての評価が高く、この日も「3番・右翼」で先発して貴重な先制弾。今大会はバットで存在感を見せ続けている。

 この一発で波に乗った日本は、初回から猛攻を見せて5点を奪った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング