野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローが日米通算2000得点&王氏に並ぶ5290出塁 同日達成で勝利に貢献

イチローが日米通算2000得点&王氏に並ぶ5290出塁 同日達成で勝利に貢献

マーリンズのイチロー外野手は8月31日(日本時間1日)、敵地でのブレーブス戦に「2番・ライト」で先発出場し、王貞治氏の日本記録に並ぶ日米通算5290出塁と日米通算2000得点を同日達成した。

20150819_ichiro

2000得点は“史上8人目“、5290出塁は日本タイ記録、マ軍は連敗2でストップ

 マーリンズのイチロー外野手は8月31日(日本時間1日)、敵地でのブレーブス戦に「2番・ライト」で先発出場し、3打数無安打1四球だった。1点リードの8回に四球を選び、王貞治氏の日本記録に並ぶ日米通算5290出塁に到達すると、プラドのタイムリーで生還して日米通算2000得点目を記録。この試合で2つの大記録を同日達成した。貴重な追加点を奪ったマーリンズは4-0で勝利し、連敗を「2」で止めた。

 イチローは初回、1死走者なしで相手先発ミラーの前に左邪飛に倒れた。マーリンズは2回、ギレスピーのソロ本塁打で1点を先制。イチローは3回も1死走者なしで打席立ち、中飛に打ち取られた。

 6回も先頭で左飛。3打席凡退に終わるが、8回に大記録が生まれる。

 イチローは2死走者なしで4度目の打席へ。2番手左腕マークスベリーに対してフルカウントとすると、9球目のボール球を見送り、四球を選んだ。

 これで日米通算5290出塁(4203安打977四球110死球)とし、王貞治氏が持つ日本記録(王氏は2786安打2390四球114死球)に並んだ。

 続くプラドが右中間を破る二塁打を放つと、快足を飛ばして一気に生還。追加点が取れずにいたチームに貴重な1点をもたらす。イチローにとって、これが日米通算2000得点目となった。

 マーリンズはこの回、ボーアの適時二塁打でさらに1点を加えると、9回にもイエリッチのタイムリーが飛び出し、4-0で勝利。連敗を2で止めた。

 メジャーの出塁数の歴代5位はカール・ヤストレムスキーの5304(3419安打1845四球40死球)で、その次はスタン・ミュージアルの5282(3630安打1599四球53死球)。日米通算ながら、イチローは歴代6位に相当する数字をすでに残している。歴代1位はピート・ローズの5929(4256安打1566四球107死球)となっている。

 また、今年4月25日に王氏の日本記録1967得点を抜いていたイチローは、節目の日米通算2000得点に到達。メジャーでも過去に7人しか達成していない大記録だ。こちらも日米通算とはいえ、“史上8人目”の快挙となった。歴代1位はリッキー・ヘンダーソンの通算2295得点となっている。

 イチローは3打数無安打1四球で打率2割4分8厘となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング