野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ石川が7回2失点の好投で9勝目 日ハム大谷は6回3失点で4敗目

ロッテ石川が7回2失点の好投で9勝目 日ハム大谷は6回3失点で4敗目

ロッテが2日、東京ドームで行われた日本ハム戦に4-2で勝利した。先発した石川が日本ハム打線を5回まで無安打に抑える好投を見せると、打線は日本ハム先発大谷から6回までで3得点。試合の主導権を握ると、そのまま逃げ切った。

ロッテ

初回角中が右中間への6号先制アーチ、7回には荻野が左翼席へ2号

 ロッテが2日、東京ドームで行われた日本ハム戦に4-2で勝利した。先発した石川が日本ハム打線を5回まで無安打に抑える好投を見せると、打線は日本ハム先発大谷から6回までで3得点。試合の主導権を握ると、そのまま逃げ切った。

 ロッテは初回、荻野が四球で出ると、角中が右中間スタンドへ運ぶ6号2ラン。大谷の出鼻をくじいた。

 先発の石川は4回に田中に四球を与えるも、5回まで出したランナーはその一人のみに抑える好投を見せる。すると味方は6回にクルーズのセンター前タイムリーで3点目を挙げた。

 ノーヒットピッチングを継続したい石川だったが、6回2死から陽にレフトスタンドへ5号ソロを運ばれこの日初安打が初本塁打に。さらに後続の田中にもライト前へのタイムリーを浴び、2点を失った。

 1点差に迫られたロッテだったが、7回に荻野のレフトへの2号ソロで再び2点差とした。石川は7回まで投げ抜き、2失点で降板。8回からはロッテ救援陣がピンチを迎えながらも抑え、4-2で勝利を収めた。

 ロッテはこの勝利で借金を「2」と減らし、石川には9勝目(11敗)が付いた。6回3失点だった日本ハムの大谷は4敗目(13勝)を喫した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング