野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】勝てば決勝の日本、韓国を圧倒 5回までに11点リード、清宮も久々に快音

高校日本代表は4日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップのスーパーラウンド第2戦(甲子園)で韓国と対戦し、2回に5点を先制。5回には、1年生で唯一メンバー入りしている清宮幸太郎のバットから貴重な追加点が生まれるなど6点を奪い、5回までに11-0と大きくリードを広げている。

2回に伊藤の先制打などで5点を奪取、5回には清宮のヒットに大きな拍手

 高校日本代表は4日、第27回U-18(18歳以下)ワールドカップのスーパーラウンド第2戦(甲子園)で韓国と対戦し、2回に5点を先制。5回には、1年生で唯一メンバー入りしている清宮幸太郎のバットから貴重な追加点が生まれるなど6点を奪い、5回までに11-0と大きくリードを広げている。

 日本は2回、1死から平沢が四球を選ぶと、オコエがセンター前ヒットで続く。伊藤の打席で、平沢が相手の暴投を逃さず、すかさず三塁に進塁。その後、オコエは牽制で刺されて2死となったが、伊藤のライト線へのタイムリーで先制に成功。伊藤は激走で三塁に到達した。

 さらに、続く篠原は右中間を破るタイムリーツーベース。堀内が四球を選んだところで韓国はピッチャーを代えたが、日本の勢いは止まらない。杉崎はセカンド後方にポトリと落ちるタイムリー。さらに、津田も左中間を破る2点タイムリーツーベースで続き、一挙5点を奪った。

 さらに、5点リードで迎えた5回には、津田、勝俣の連続四球で無死一、二塁とチャンスを作り、4番の清宮に打席が回った。

 カウント1-1からエース右腕・崔忠然の直球を捉えると、鋭いライナーでセンター前に運ぶ。中堅手が打球をこぼす間に津田が生還。不振に苦しむ清宮の今大会3本目のヒットに、甲子園は大きく沸いた。

 その後、2死満塁から篠原の押し出し死球で清宮が生還。堀内もタイムリーで続くと、相手の守備が乱れて3点を追加。相手のボークも出て、11-0と大きくリードを広げた。

 先発上野も好投で5回まで無失点。日本は勝てば初戦から無傷の7連勝で決勝進出が決まる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中