野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・村田が気迫の決勝打 9回に阿部が同点打、直後に左前タイムリー

巨人・村田が気迫の決勝打 9回に阿部が同点打、直後に左前タイムリー

巨人の村田修一内野手が4日のDeNA戦(横浜スタジアム)で、気迫の勝ち越し打を放った。

full-count3

生還を確認して一塁ベース上でガッツポーズ

 巨人の村田修一内野手が4日のDeNA戦(横浜スタジアム)で、気迫の勝ち越し打を放った。

 3点リードの8回に頼みのマシソン、山口で4点を奪われ逆転されたが、9回1死三塁から阿部が同点打。続く9回2死一、二塁の好機だった。2ボール2ストライクから、三上のスライダーを強振。左前へライナーではじき返した。

 左翼・桑原は前進守備を敷いていたが、三塁ベースコーチの川相ヘッドは二塁走者・吉川に本塁突入を指示。桑原の送球が一塁側へそれる間に、吉川が勝ち越しのホームへスライディングした。

 村田は吉川の生還を確認すると、一塁ベースで力強くガッツポーズ。1点リードの5回1死の守備では、嶺井の三遊間を襲う強烈な打球をダイビングキャッチで三ゴロとしていた。壮絶なルーズベルトゲームで、村田が攻守で貢献した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング