野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天ウィーラー、9号2ラン&好守で前夜の汚名返上

楽天のゼローズ・ウィーラー内野手が6日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「4番・左翼」で先発出場し、攻守で存在感を発揮した。

楽天 スタジアム

左中間スタンドへ一発「無我夢中だった」

 楽天のゼローズ・ウィーラー内野手が6日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「4番・左翼」で先発出場し、攻守で存在感を発揮した。

 1点リードの3回無死一塁。1ボール2ストライクから、帆足の真ん中に入るスライダーをバットに乗せて9号2ラン。左中間スタンドまで運ぶ大きな一発に、「(先発の)横山が頑張っているから援護したいと思っていた。無我夢中だったよ」と振り返った。5回無死一塁でもレフト前ヒットを放ち、チャンスを広げた。

 守備でも見せた。3回無死一、二塁 では明石の左前へのライナー性の打球に猛チャージ。ダイビングキャッチでピンチの芽を摘んだ。

 5日の同カードでは7回2死一、三塁で明石の打球の目測を誤り、一塁走者まで生還。この回に一挙5点を失い、大久保監督から苦言を呈されていた。昨季、ヤンキースで田中将大投手と同僚だった元メジャーリーガーはこの日、前夜の汚名を返上する活躍を見せ、攻守で存在感を発揮。試合は5回を終えて3-3となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング