野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18野球W杯】U18日本、光る9戦5失点の投手陣 ドラ1候補も刺激「野球の種類が違う」

第27回U-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で初の世界一を逃した高校日本代表。それでも出場チームで唯一8連勝をマークし、個人賞にも多くの日本選手が輝いた。特に光ったのは、今大会9戦でわずか5失点と鉄壁だった投手陣だ。

20150907_takahashi_ogasawara

最優秀防御率の上野「素直にうれしい」

20150907_sato_ueno
最優秀投手に選ばれた佐藤世那(左)と最優秀防御率の上野翔太郎(右)【写真:富樫重太】

 第27回U-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で初の世界一を逃した高校日本代表。6日の決勝ではアメリカに1-2と惜敗し、準優勝に終わった。それでも1次ラウンド(R)からスーパーラウンドにかけて出場チームで唯一8連勝をマークし、大会後に発表された個人賞にも多くの日本選手が輝いた。特に光ったのは、今大会9戦でわずか5失点と鉄壁だった投手陣だ。

 最優秀投手には1次Rのアメリカ戦、スーパーRのカナダ戦と2つの完投勝利を挙げた佐藤世那(仙台育英)、最優秀防御率は18回を無失点の上野翔太郎(中京大中京)が選出され、大会記録に日本の投手がその名を残した。

 上野は個人の記録よりも「今まではよくても、勝ちきれないといけない」と決勝での敗戦を悔やみ、「清宮が次回大会で必ず世界一になってほしい」と後輩に想いを託した。

 一方で今大会無失点に抑えたことに関しては「素直にうれしい。点を取られないことを考えて投げているので」と充実感ものぞかせた。

人気記事ランキング