野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人が執念の逆転勝ち 村田勝ち越し弾&新人・戸根プロ初勝利!

巨人が執念の逆転勝ち 村田勝ち越し弾&新人・戸根プロ初勝利!

巨人が12日の本拠地DeNA戦で執念の逆転勝利を飾った。

巨人

高木勇がプロ最短KOも逆転勝ち

 巨人が12日の本拠地DeNA戦で執念の逆転勝利を飾った。先発の高木勇が2回途中で4安打2失点で降板。そこから継投で相手打線を封じると、同点として迎えた6回には村田が11号ソロを放って勝ち越しに成功。その後、アンダーソンにも3ランが飛び出し、6-3で連勝を引き寄せた。

 前回登板の5日のDeNA戦で4回4失点で9敗目(8勝)を喫していた高木勇はこの日も乱調で、初回先頭の荒波にいきなり三塁打を浴びると、1死後、梶谷にライトへ先制タイムリーヒットを許す。さらに2回、先頭のロペスにレフトへヒットを浴び、2死から嶺井に死球。続く砂田にライトへタイムリーヒットを浴びたところで、原監督は高木京をマウンドに送った。

 この継投が見事に当たる。その高木京が5回まで無失点に抑えると、6回を戸根、7回を田原誠と無失点に抑えた。

 打線は2回、相手先発砂田から無死満塁とチャンスを作ると、加藤のライトへのタイムリーヒットで1点を返す。さらに5回には高卒新人の岡本が代打で痛烈なセンター前ヒットを放つなどチャンスを作り、坂本の犠牲フライで同点。6回には村田のソロ弾で勝ち越すと、代打アンダーソンが3ランを放ち、この回一挙4点を奪った。

 8回にマウンドに上がった5番手の山口が1点を失ったものの、9回を澤村が無失点で抑えて勝利。新人の戸根に初白星がついた。高木勇のプロ最短降板で失いかけた流れを継投と代打策で手繰り寄せ、2連勝をマークした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング