野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローが今季3度目の“猛打賞“ 歴代35位タイのMLB通算2930安打

イチローが今季3度目の“猛打賞“ 歴代35位タイのMLB通算2930安打

マーリンズのイチロー外野手は12日(日本時間13日)、本拠地でのナショナルズ戦に「7番・ライト」で先発出場し、3回の第1打席で18打席ぶりのヒットを放った。

20150817_ichiro2

3回に18打席ぶりヒットを放ち、そこから3打席連続安打

 マーリンズのイチロー外野手は12日(日本時間13日)、本拠地でのナショナルズ戦に「7番・ライト」で先発出場し、第1打席で18打席ぶりのヒットを放った。そのまま3打席連続安打で今季3度目の“猛打賞”。メジャー通算2930安打として、歴代35位タイに浮上した。

 イチローは2回、2死一塁で打席に立つも、初球で一塁走者のリアルミュートが二盗に失敗。この回はチェンジとなったが、続く3回は先頭で相手先発ロアークの2球目の直球を叩き、ライト前に運んだ。

 前日まで17打席連続ノーヒット(1四球、1犠打を含む)だったイチロー。これが、2日のブレーブス戦でマルチヒットを記録して以来、実に18打席ぶりのヒットとなった。

 続くロハスが遊ゴロ併殺打に終わり、先制点にはつながらなかったが、イチローはメジャー通算2928安打として、並んでいたアル・シモンズを上回って歴代単独37位となった。

 さらに、4回には1点を先制した直後の2死一、二塁で打席へ。今度はカウント1-1からカーブを叩くと、ピッチャー返しをつかもうとしたロアークの右手を弾き、内野安打に。続くロハスが遊ゴロに倒れ、ここも得点にはつがらなかった。

 だが、イチローの勢いは止まらない。2-0となった6回には1死走者なしで打席へ。今度は、3番手右腕ロスのツーシームをレフト前に痛烈なライナーではじき返した。

“猛打賞”は今季3度目。8月18日のブルワーズ戦で4安打を放って以来となった。これでメジャー通算2930安打となり、ジェイク・ベックリー、ロジャース・ホーンスビーと並ぶ歴代35位タイに浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング