野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人、広島ジョンソンの前に沈黙し完封負け 助っ人の前に23イニング無得点

巨人、広島ジョンソンの前に沈黙し完封負け 助っ人の前に23イニング無得点

3位・巨人、4位・広島の対決は、投手戦の末、広島が1-0で勝利。巨人とのゲーム差を1・5とした。

広島カープ

ジョンソンは3試合、23イニング無失点

 3位・巨人、4位・広島の対決は、投手戦の末、広島が1-0で勝利。巨人とのゲーム差を1・5とした。殊勲者は先発の左腕・ジョンソン。巨人打線を8回5安打無失点で12勝目を挙げた。これで巨人戦3試合で23イニング無失点と完璧なピッチングだった。

 ジョンソンは1回、先頭の立岡を見逃し三振に仕留めて、波に乗った。2回は阿部、長野を2者連続三振に切るなど、よせつけない。三振だけでなく、内野ゴロの山を築く打たせて取る内容。巨人打線に的を絞らせなかった。

 一方、巨人の先発の菅野も好投。2回にショート・坂本の失策で失った1点以外は、広島打線を封じ込んだ。こちらも7回2安打1失点、自責0の内容。試合は1-0のまま進んだ。

 ジョンソンの唯一のピンチは8回。大田の内野安打、小林のライト前ヒットで1アウト一、三塁とされた。ここで巨人ベンチは好投していた菅野に代わり、代打にドラフト1位ルーキーの岡本。しかし、詰まってセカンド併殺打に倒れ、得点できなかった。

 広島は最後を抑えの中崎が代打・高橋由を空振り三振に打ち取るなど、ゲームセット。投手戦で試合時間が2時間10分台と速い決着となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中