野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム栗山監督が語る「抗議」の理由 「ポーズではない」

日本ハム栗山監督が語る「抗議」の理由 「ポーズではない」

日本ハムの栗山英樹監督が15日、14日に続き審判の誤審問題について言及した。

「ブーイングや周りの声は響きはしない」

 日本ハムの栗山英樹監督が15日、14日に続き審判の誤審問題について言及した。

 同日の楽天戦(札幌ドーム)の練習中に報道陣の取材に応じ、審判の判定を不服として抗議する理由を明かした。

「やっぱり審判の判定を含めて野球。ミスは起こる物と思っている。その考えは変わらない。ただ、戦っている時に『違う』と思ったらいく。オレには言う権利がある。自分が納得出来ないことをぶつけているだけ」

 栗山監督は今月3日のロッテ戦(東京ドーム)で、バントの構えをした角中が吉川の内角シュートを左手に受けた際にも、「バットを引いてない」と笠原球審に猛抗議。ロッテファンから大ブーイングを受けても、その激しい口調で抗議を続けた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中