野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 岩隈、今季最多9K好投で8勝目&防御率3点台へ 指揮官も絶賛「際立っていた」

岩隈、今季最多9K好投で8勝目&防御率3点台へ 指揮官も絶賛「際立っていた」

マリナーズの岩隈久志投手は16日(日本時間17日)、本拠地でエンゼルス戦に先発し、6回4安打1失点無四球の好投で8勝目(4敗)を挙げた。今季最多の9奪三振で自身2試合ぶりの白星を挙げるピッチングに、ロイド・マクレンドン監督も手放しで絶賛した。マリナーズは3-1で勝利している。

20150421_iwakuma

6回降板は「腰の張り」が原因も本人は「問題ない」

 マリナーズの岩隈久志投手は16日(日本時間17日)、本拠地でエンゼルス戦に先発し、6回4安打1失点無四球の好投で8勝目(4敗)を挙げた。今季最多の9奪三振で自身2試合ぶりの白星を挙げるピッチングに、ロイド・マクレンドン監督も手放しで絶賛した。マリナーズは3-1で勝利している。

「イワクマはいいボールを投げていたね。低めにボールを集めて、クオリティピッチングを見せてくれた。際立っていたと私は思うよ」

 指揮官はハスキーボイスで日本人右腕を称えた。

 岩隈は9月6日のアスレチックス戦、同11日のロッキーズ戦に続き、3試合連続でクオリティースタート(6回以上を投げて自責3以内)。切れ味抜群のスプリットで試合を作った好投に、マクレンドン監督は満面の笑顔を浮かべていた。

 また、6回終了時での降板については「(岩隈が)6回の終わりに腰の張りを訴えた」と話したが、岩隈自身は「問題ないです」と説明。次回登板予定の23日の敵地ロイヤルズ戦での先発に支障はない模様だ。

 防御率も3・90とし、8月18日のレンジャーズ戦以来、1か月ぶりに3点台に回復。右腕はリーグ終盤でギアを一段上げた様子だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中