野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島前田健が4回0/3を7失点KO 自力優勝消滅かかる試合でまさかの炎上

広島前田健が4回0/3を7失点KO 自力優勝消滅かかる試合でまさかの炎上

広島のエース・前田健太投手が19日の中日戦に先発し、4回0/3を7失点の乱調でマウンドを降りた。今日19日に敗戦すれば自力優勝消滅の可能性もある一戦で、エースがまさかの炎上。チームは劣勢に立たされた。

広島カープ

5回に自らバント処理をエラー、森野にタイムリー浴びマウンドを降りる

 広島のエース・前田健太投手が19日の中日戦に先発し、4回0/3を7失点の乱調でマウンドを降りた。今日19日に敗戦すれば自力優勝消滅の可能性もある一戦で、エースがまさかの炎上。チームは劣勢に立たされた。

 序盤3回は1安打に抑えた前田だったが、1-0とリードして迎えた4回2死から、突如乱れた。平田にライト前ヒットを打たれると、森野、エルナンデスと連続四球。満塁とされ、藤井、杉山に連続タイムリーを浴びて1-2と逆転を許した。

 ここで踏みとどまりたい右腕だったが、5回にも無死1塁から亀澤のバントを自らエラー。無死一、二塁からルナにタイムリーを浴びると、満塁から森野にセンター前へタイムリーを打たれ、この回1アウトも取れず。1-6となり、交代が告げられた。その後、2番手の一岡が藤井にタイムリーに打たれて1-7。前田は7失点となった。

 4位ながら首位と3・5ゲーム差とまだまだ優勝を狙える位置にいる広島。この日敗戦し、巨人が勝利すると自力優勝が消滅する一戦だったが、最下位中日にエースを立て、劣勢に立たされている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング