野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人岡本がプロ初スタメンでタイムリー&初盗塁 “首位攻防戦”で貴重な一打

巨人岡本がプロ初スタメンでタイムリー&初盗塁 “首位攻防戦”で貴重な一打

巨人のドラフト1位ルーキー岡本和真内野手が19日、神宮での首位ヤクルトとの一戦でプロ初スタメンを飾り、タイムリーを放った。

巨人

5回にロマンからレフト前へ適時打、抹消村田の代役で存在感

 巨人のドラフト1位ルーキー岡本和真内野手が19日、神宮での首位ヤクルトとの一戦でプロ初スタメンを飾り、タイムリーを放った。チームはこの試合に勝利すればヤクルトとゲーム差なしとなる一戦だが、右肘痛で登録を抹消された村田に代わり「7番・サード」で出場したルーキーが貴重な一打を放った。

 2点ビハインドで迎えた5回2死二、三塁。ヤクルトの2番手ロマンの2球目を岡本が叩くと、打球は三遊間を抜けレフト前へ。三塁走者の阿部が生還し、4-5と一点差に迫った。岡本はその後、二盗を決めてプロ初盗塁もマークした。

 この日プロ初スタメンとなったルーキーは、5日のDeNA戦でプロ初アーチとなる2ランを放っていた。この日2位阪神がデーゲームで行われたDeNA戦に敗れ、3位に後退。“首位攻防戦”となった一戦で、ドラフト1位ルーキーが大きな仕事を果たした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング