野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルトが上位4球団で“独り勝ち” バレンティン猛打賞&雄平逆転3ラン

ヤクルトが上位4球団で“独り勝ち” バレンティン猛打賞&雄平逆転3ラン

ヤクルトが19日、神宮での巨人戦に10-4で勝利した。負ければ巨人にゲーム差なしに迫られる一戦だったが、大竹を3回5失点でKOするなど打線が機能。この日は上位4球団がヤクルトを除いて全敗し、2位とのゲーム差は2・0となった。

東京ヤクルト神宮

巨人大竹を3回5失点でノックアウト、2位と2ゲーム差に広げる

 ヤクルトが19日、神宮での巨人戦に10-4で勝利した。負ければ巨人にゲーム差なしに迫られる一戦だったが、大竹を3回5失点でKOするなど打線が機能。この日は上位4球団がヤクルトを除いて全敗し、2位とのゲーム差は2・0となった。

 2回、ヤクルトは先発石山が1死満塁のピンチを招き、加藤に右犠飛を打たれ先制点を献上。その裏、1死からバレンティンがレフト線への二塁打で出塁し、雄平のセンター前タイムリーが生まれ同点に追いついたが、3回には2死二、三塁からアンダーソンに2点タイムリーを浴び、勝ち越しを許した。

 2点ビハインドとなったヤクルトだったが、3回に巨人先発大竹を攻略。2死から山田、畠山が連打で一、二塁とすると、バレンティンがレフトへのタイムリー。さらに雄平に逆転の3ランが生まれ、5-3と試合を引っくり返した。

 5回に3番手ロマンが巨人のルーキー岡本にタイムリーを浴び、1点差に迫られるも、7回にバレンティンのこの日2本目、今季初“猛打賞”となるライト線へのタイムリーで6-4。その後も中村の犠飛、8回には畠山の3ランで加点し、10-4で巨人を下した。

 この日は阪神、広島も敗れており、試合前まで3・5ゲームの中にひしめいていた上位4チームで“独り勝ち”となったヤクルト。2位阪神、3位巨人とのゲーム差を2・0とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング