野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 岩田がヤクルトの強力打線を封じ、阪神が貴重な1勝 「優勝できるように」

岩田がヤクルトの強力打線を封じ、阪神が貴重な1勝 「優勝できるように」

阪神の岩田稔投手が本拠地でのヤクルト戦で8回4安打1失点(自責0)と好投し、8勝目(9敗)を挙げた。強力打線を抑え、大事な首位攻防戦でチームを勝利に導く快投。阪神は首位ヤクルトとのゲーム差を「1」とした。

阪神甲子園

首位攻防戦で8回4安打1失点(自責0)の快投、「自分のできることを一生懸命」

 阪神の岩田稔投手が本拠地でのヤクルト戦で8回4安打1失点(自責0)と好投し、8勝目(9敗)を挙げた。強力打線を抑え、大事な首位攻防戦でチームを勝利に導く快投。阪神は首位ヤクルトとのゲーム差を「1」とした。

 試合後、お立ち台に上がった岩田は「力みすぎないように、テンポよく一人一人バッターを打ち取れた」と自身の快投を振り返った。優勝を目指す上で絶対に負けられない一戦だったが「やることは変わりないので、自分のできることを一生懸命、頑張りました」と言う。

「しっかりとゴロでアウトが取れたり、後ろで守っている野手の方皆さんに助けてもらったんで、ここまでこういうピッチングができました」

 自責0の快投にも、野手への感謝を忘れない左腕。一方、4安打2打点の活躍でともにお立ち台に上がった今成は「素晴らしかったと思います」と左腕の快投に感心しきりだった。

 最後は「目の前の試合をしっかり勝っていって、優勝できるように頑張ります!」と誓った岩田。リーグ制覇を目指し、この日のように無心で左腕を振り続けるだけだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング