野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神福留、タイムリー2本で抜群の存在感も…4番は「あまり好きじゃない」!?

阪神福留、タイムリー2本で抜群の存在感も…4番は「あまり好きじゃない」!?

阪神の福留孝介外野手が本拠地でのヤクルト戦で2本のタイムリーを放ち、チームを勝利に導いた。頼れる4番は首位攻防戦でも抜群の存在感を発揮。優勝へ、阪神を力強く牽引している。

阪神甲子園

首位攻防戦で4番の仕事、「たくさんのファンの方々に選手が励まされた」

 阪神の福留孝介外野手が本拠地でのヤクルト戦で2本のタイムリーを放ち、チームを勝利に導いた。頼れる4番は首位攻防戦でも抜群の存在感を発揮。優勝へ、阪神を力強く牽引している。

 この日は初回2死三塁の好機で、ヤクルトの下手投げ右腕・山中から左中間を破る技ありの先制タイムリー二塁打。続くゴメスの2ランで生還した。さらに、5点リードで迎えた5回には、無死一、二塁で徳山から今度は右中間を破るタイムリーを放った。

 試合後、2番起用で4安打と活躍した今成らとお立ち台に上がると「横にいるナリが4本打って常に塁上にいてくれたんで、何とかしてやろうと思って打ちました」と振り返った。

 4番の座り心地については「あんまり好きじゃないです」と言う。だが、打線の中心にどっしりと座り、この日のように役割をこなしている。

 百戦錬磨のベテランは「今日はプレイボールの時からたくさんのファンの方々に来ていただいて、逆に選手が励まされて、それで今日の勝利につながったんじゃないかなと思います」と甲子園の大観衆に感謝。12連戦の真っ只中だが「何連戦とか関係なく、目の前の1試合1試合をしっかり取りにいきます」と誓っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング