野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大が右太もも裏張りで登板回避 指揮官は「1回の回避になること願う」

田中将大が右太もも裏張りで登板回避 指揮官は「1回の回避になること願う」

ヤンキースの田中将大投手が右太もも裏の張りを訴え、首位攻防戦となる23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦の先発を回避することになったと、MLB公式サイトなど米複数メディアが報じている。

首位攻防戦の先発を回避へ、「1つのバントがシーズンを変えてしまうかも」

 ヤンキースの田中将大投手が右太もも裏の張りを訴え、首位攻防戦となる23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦の先発を回避することになったと、MLB公式サイトなど米複数メディアが報じている。軽度の負傷で、大事を取っての登板回避とされているが、その状態にヤンキースの今季の命運がかかっていると言えそうだ。

 MLB公式サイトの記事では、田中の負傷について以下のように伝えている。

「ヤンキースは地区優勝のためのブルージェイズとの連戦に向けて準備をしているが、1つの犠牲バントが彼らのシーズンを変えてしまうかもしれない。マサヒロ・タナカはグレード1のハムストリングの張りと診断され、水曜日(23日)には投げられない」

 記事によると、田中は6回5安打2失点で敗戦投手となった18日(日本時間19日)のメッツ戦で、2回表に送りバントを試みた際に負傷したという、バントは失敗に終わり、一塁走者のライアンが二塁でアウト。田中はダブルプレーを回避するため、一塁へ全力疾走していた。

 ただ、田中はその後もマウンドに上がり、1点リードの2回裏にデューダに同点弾を被弾。6回にはマーフィーに勝ち越しソロを浴び、82球で降板した。ただ、19日(同20日)のMRI検査を受け、グレード1の張りと判明した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中