野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • CSへ不安? 中田翔に極度の“鷹アレルギー”、「やられっぱなしはムカつく」

CSへ不安? 中田翔に極度の“鷹アレルギー”、「やられっぱなしはムカつく」

日本ハム・中田翔内野手が、極度の“鷹アレルギー”に苦しんでいる。

日本ハム

対ソフトバンク戦で苦しむ主砲、「勝ちに行く姿勢をみせられなかった」

 日本ハム・中田翔内野手が、極度の“鷹アレルギー”に苦しんでいる。

 21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)に「4番・一塁」でスタメン出場した中田は、初回1死一、二塁でスタンリッジの外角スライダーに体勢を崩して遊飛に倒れた。さらに、4回先頭は空振り三振、6回2死は三ゴロ、8回2死では一邪飛。4打数無安打といい所がなかった。

 チームは初回の3失点が響き、2-6で完敗。点差以上に力の差を見せつけられ、対ソフトバンク戦は1分けを挟み5連敗となった。

 不動の4番は試合後、強い口調で自らを責めた。

「今日に関してはやられたというより、余裕の差を見せつけられた。勝ちにいく姿勢を見せられなかった。僕に関しては、それすら見せられていない。チームが負けて悔しいですし、ずっとやられっぱなしだとムカつく」

 両軍とも順位が決まり、21日からのソフトバンク3連戦は「CS前哨戦」となっている。“本番”でのソフトバンク撃破へは、主砲のバットが欠かせないが、今季は負の数字が並ぶ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中