野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム斎藤佑、「前後際断」でCS先発切符つかむ 「1人1人、1試合1試合と」

日ハム斎藤佑、「前後際断」でCS先発切符つかむ 「1人1人、1試合1試合と」

日本ハム・斎藤佑樹投手が今季2勝目を目指し、25日のオリックス戦(京セラドーム)に先発する。クライマックスシリーズでの初登板初先発を目指し、「前後際断」をテーマに奮闘する。

日本ハム

CS初登板初先発を目指し、オリックス戦に先発

 日本ハム・斎藤佑樹投手が今季2勝目を目指し、25日のオリックス戦(京セラドーム)に先発する。クライマックスシリーズでの初登板初先発を目指し、「前後際断」をテーマに奮闘する。

 過去や未来を断ち切り今に集中する。この考え方は、中継ぎでつかんだ経験が大きかったという。

「中継ぎの時は1人1人を抑えようとして、いい結果を残すことが出来た。その感じが今でも出来ている。1人1人、1試合1試合という感じで向かっていければ」

 CSの先発枠はリーグ単独トップの14勝を挙げている大谷、11勝の吉川、10勝のメンドーサの2桁勝利トリオは当確。有原、中村勝らと争っているのが現状といえる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中