野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神・能見、4位広島を引き離す11勝目 「優勝も消えたわけではない」

阪神・能見、4位広島を引き離す11勝目 「優勝も消えたわけではない」

阪神・能見篤史投手が25日、適地での広島戦に先発し、7回無失点の好投で11勝目(12敗)を挙げた。チームはこれで4位広島とのゲーム差を3・5に広げ、CS進出へ大きく前進。2位巨人には2・5ゲームに差を縮めた。

阪神甲子園

7回無失点の好投、首位に4・5ゲーム差も「目の前の試合を勝っていく」

 阪神・能見篤史投手が25日、適地での広島戦に先発し、7回無失点の好投で11勝目(12敗)を挙げた。チームはこれで4位広島とのゲーム差を3・5に広げ、CS進出へ大きく前進。2位巨人には2・5ゲームに差を縮めた。

「まずは自分のピッチングすることと、今日はしっかり最初から飛ばしていいこうと思っていた」

 7回無失点。広島打線を寄せ付けなかった左腕は「序盤に(点を)取ってもらえるとこっちのペースにもなりますしね、福留さんもそうですけど、マートンも打ってくれてありがたかった」と、序盤3回で3得点を奪った打線に感謝した。

「手応えはなかったですし、結局ボールも高くなりましたし、うーん…、まぁ逃げることだけはしないように心がけました」

 好投も、7回に2死満塁のピンチを背負った場面を課題として挙げた36歳。

「出来ることは限られてますし、優勝も消えたわけではない」と、まだわずかに可能性が残されるリーグ制覇への意欲を口にすると、「とりあえず目の前の試合を勝っていくしか出来ないので、それに向けてがんばりたい」。残り6試合の一戦必勝を誓っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング