野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • リーグ優勝王手へ、M3のヤクルトが序盤から猛攻 2回までに5点を奪取

リーグ優勝王手へ、M3のヤクルトが序盤から猛攻 2回までに5点を奪取

14年ぶりのリーグ優勝へ向けてマジックを「3」としているヤクルトが、序盤から猛攻を見せた。

東京ヤクルト神宮

今浪&中村が連続タイムリー、上田は1号2ランで2回に一挙4得点

 14年ぶりのリーグ優勝へ向けてマジックを「3」としているヤクルトが、序盤から猛攻を見せた。

 ヤクルトが勝ち、巨人が阪神に敗れれば、マジック「1」と王手がかかる一戦。本拠地・神宮球場に中日を迎えたヤクルトは、初回に1死二、三塁で畠山の遊ゴロの間に1点を先制。そして、2回に早くも打線が爆発した。

 中日先発・山井から先頭の雄平がセンター前ヒットで出塁すると、今浪が右中間へのタイムリーツーベース。さらに、中村もライト線へのタイムリーツーベースで続き、2者連続の適時打で3-0とした。

 さらに、杉浦のバントで1死三塁として、上田がライトへ1号2ランを叩き込む。これで、この回だけで一挙4得点で5点差に。「王手」へ向けて勢いを加速させている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング