野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神2位浮上へ望み、藤浪が完封でトップタイ14勝 巨人の4連覇は絶望的に

阪神2位浮上へ望み、藤浪が完封でトップタイ14勝 巨人の4連覇は絶望的に

3位阪神は本拠地・甲子園で2位巨人に2-0で勝利し、2位浮上に望みをつないだ。

今季4度目の完封、打線が初回に挙げた2点を守り切る

 3位阪神は本拠地・甲子園で2位巨人に2-0で勝利し、2位浮上に望みをつないだ。先発の藤浪が9回8安打無失点8奪三振で今季4度目の完封勝利。マートンの先制打などで初回に挙げた2点を守りきり、リーグトップタイの14勝目(6敗)を挙げた。すでに阪神の優勝は消滅したものの、クライマックスシリーズ(CS)進出へ向けて、4位広島とのゲーム差1・5も守った。巨人は敗れてリーグ4連覇が絶望的となった。

 初回、巨人が藤浪から2死一、三塁のチャンスを作るも、長野は高めへの直球で空振り三振に倒れる。

 すると、阪神はその裏にポレダを攻めて1死三塁とすると、マートンがレフトへタイムリー。先制に成功した。さらに、2死一、三塁となってから新井のサードゴロの間に2点目を加えた。

 阪神は2回も2死一、二塁とするも、大和が中飛に倒れて無得点。一方、藤浪は2~6回までいずれも3人で巨人の攻撃を終わらせる。2回と5回はヒットでランナーを出しながら、ダブルプレーでチャンスを作らせなかった。

 7回、巨人は2死から長野、亀井が連打を放ち、2回以降初めての得点機を作ったが、岡本の代打アンダーソンはニゴロ。8回も2死一、二塁とチャンスを作ったが、坂本はレフトフライ。藤浪が踏ん張り、リードを守った。

 藤浪は9回も続投すると、無失点に抑えて完封勝利。チームが苦しむ中、大きな1勝をもたらし、2位浮上に望みをつないだ。一方、巨人の優勝は絶望的となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中