野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武が翌日の予告先発投手・岡本洋を投入 CS進出へ最後の2戦は総力戦に

西武が翌日の予告先発投手・岡本洋を投入 CS進出へ最後の2戦は総力戦に

クライマックスシリーズ進出へ向けて重要局面を迎えている西武が、敵地でのオリックス戦で翌日の予告先発投手として発表されている岡本洋介投手を投入した。

201590930_okamoto

5点リードの5回に予告先発投手として発表されている岡本洋がマウンドへ

 クライマックスシリーズ進出へ向けて重要局面を迎えている西武が、敵地でのオリックス戦で翌日の予告先発投手として発表されている岡本洋介投手を投入した。

 両チームが序盤から点を取り合い、西武の5点リードで迎えた5回。4回途中から2番手で登板していた武隈が先頭の小谷野に四球を与えると、1死から川端にレフト前ヒットを浴びて1死一、二塁とされる。ここで、西武ベンチは岡本洋を3番手としてマウンドに送った。

 試合前の時点で翌10月1日の予告先発投手として発表されていた岡本洋は、宮崎にライトへのタイムリーを浴びて3点差とされたが、続く伊藤は遊ゴロに仕留めてダブルプレー。悪い流れを断ち切ると、次の回からは牧田が4番手で登板。岡本洋は8球でマウンドを降りた。

 3位西武はこの一戦を含めてペナントレース2試合を残し、4位ロッテを0.5ゲーム差でリード。ただ、ロッテは西武よりも5試合多い7試合を残している。西武が2連勝ならば、ロッテが上回るには6勝1敗でシーズンを終える必要があり、西武としては何が何でも2勝が欲しいところ。執念の采配で、最後の2試合は文字通り総力戦となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中