野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 鉄道マニアの日ハム木佐貫 野球人生を列車に例え「一本道で走ってきた」

鉄道マニアの日ハム木佐貫 野球人生を列車に例え「一本道で走ってきた」

今季限りで現役を引退する日本ハム・木佐貫洋投手が30日ロッテ戦(札幌ドーム)の5回から登板し、1回無安打無失点の完全投球。試合前には札幌市内の球団事務所で引退会見。球界随一の鉄道マニアとしての一面をのぞかせるユニークな会見となった。

ユニーク引退会見「これからはレールが何本かに分かれる」

 今季限りで現役を引退する日本ハム・木佐貫洋投手が30日ロッテ戦(札幌ドーム)の5回から登板し、1回無安打無失点の完全投球。新人王に輝いた巨人、オリックス、日本ハムで通算62勝を挙げた13年間のプロ生活にピリオドを打った。

 試合前には札幌市内の球団事務所で引退会見。球界随一の鉄道マニアとしての一面をのぞかせるユニークな会見となった。

「これまでの野球人生を列車の旅に例えると?」――。木佐貫が鉄道マニアであることを知る報道陣からの質問に、35歳右腕は真面目に言葉をつないだ。

「どちらかと言うと、これまでは野球の一本道で走ってきました。これからはレールが何本かに分かれてくると思います。そこで自分なりに何本かあるレールを選ばないといけない。いろいろと考えて納得して、そのレールを走れればいい。これからも長いと思いますので、息切れしない程度に、ゆっくりゆっくり出来ればと思います」

 木佐貫はいわゆる「撮り鉄」ではなく「乗り鉄」。鉄道路線図を眺めるのも好きで、球場へ電車通勤することもあった。最後の所属球団となった日本ハムは3年間の所属となったが、鉄道マニアとしては悔いが残っているという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中