野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ清田が7試合ぶりタイムリー 「僕らは負けられないですから」

ロッテ清田が7試合ぶりタイムリー 「僕らは負けられないですから」

ロッテの清田育宏外野手が1日のロッテ戦(札幌ドーム)で7試合ぶりのタイムリーを放った。

リード広げる貴重な一打、「追加点が欲しかった」

 ロッテの清田育宏外野手が1日のロッテ戦(札幌ドーム)で7試合ぶりのタイムリーを放った。

 1点リードの5回2死二、三塁。有原の146キロ直球を中前へライナーで打ち返した。9月22日の楽天戦(QVCマリン)以来の適時打で、リードを3点に広げた。

 清田は「インコースのボールでしたが、しっかり自分のスイングが出来ました。追加点も早く欲しかったし、みんなでつないで作ったチャンスでもあったので、打つことが出来て良かったです」と声を弾ませた。

 試合前まで、3位・西武とは0・5ゲーム差。「僕らは負けられないですから、この後もしっかり集中してやっていきたい」と表情を引き締めていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中