野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 野間が痛すぎる“大暴投” CS進出狙う広島がミスで同点に追いつかれる

野間が痛すぎる“大暴投” CS進出狙う広島がミスで同点に追いつかれる

広島のドラフト1位・野間峻祥外野手が3日のヤクルト戦(マツダスタジアム)で、痛すぎる“大暴投”を犯した。

バックホームが大きくそれて観客席へ、ヤクルト今浪に安全進塁権が与えられ同点に

 広島のドラフト1位・野間峻祥外野手が3日のヤクルト戦(マツダスタジアム)で、痛すぎる“大暴投”を犯した。

 3点リードから2点差に迫られた8回2死一、二塁。中村の打球は右前へ。6回の攻撃から代走で出場していた強肩の野間は、猛チャージをかけバックホームしたが、肝心の送球は大きく高くそれた。捕手・石原が捕りにいけないほどの悪送球。本塁後方でカバーに入っていた大瀬良のグラブに当たったボールは、無情にもバックネット裏の観客席へ飛び込んだ。

 二塁走者・雄平はもちろん生還。三塁まで進んでいた一塁走者・今浪には本塁へ安全進塁権が与えられた。緒方監督の抗議も実らず、まさかの2点タイムリーエラーとなってしまった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中