野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA中畑監督、辞任会見全文 「ダラダラした組織というのは僕は一番嫌い」

DeNA中畑監督、辞任会見全文 「ダラダラした組織というのは僕は一番嫌い」

試合後は記者会見を実施。遠くからファンの声援が響く中、指揮官はきっぱりと辞意を表明した。

20151004_nakahata

「不安の中からのスタート」も「4年間、本当に短かったね。あっという間でした」

 DeNA・中畑清監督は3日、横浜スタジアムで迎えた今季最終戦を白星で飾ることが出来なかった。

 先発の三浦が巨人相手に3回4失点でKO。打線は梶谷の13号2ラン、筒香のキャリアハイとなる23、24号ソロを放ったが、井納、須田、三上の失点が響いた。ラストタクトを飾れず、チームは4連敗。2012年以来の最下位が確定した。

 中畑監督はDeNA球団が誕生した2012年シーズンから指揮。今季で4年連続でのBクラスとなった。

 試合後は記者会見を実施。遠くからファンの声援が響く中、指揮官はきっぱりと辞意を表明した。

「自分の中では、まだまだ本当に志半ばという気持ちは多分にあります。ですが、こういった世界というのはどっかでけじめをつけないと、という部分がはっきりと出てくると思うんですね。

 そういうところを流してしまうと、その後のチーム事情とか、いろんな意味で切り替えのつかないダラダラした組織というのは僕は一番嫌いなんで、ダメな時にはダメだという、そういう風なわかりやすい世界を目指してきたつもりなので、自分なりには、この責任というのは本当に重いものだと感じています。

 あとちょっとで勝てない、もうちょっと という内容だったらまだ良かったかもしれないです。でもあの首位からの陥落する内容というのは、本当にファンの皆さんの期待を大きく裏切ったという部分で本当に重い責任を感じています。

 でも楽しかったです。はっきりいって僕は。4年間。ランドマークタワーでこうやってみなさまに集まっていただいた、まだ監督として契約していないのに、監督就任会見をしたあの時間が、昨日のように思えます。

 こういった中で、必ず人生の流れっていうのはくるはずですから、そういった流れにわたしは今年ぶち当たったんだなという年だと思います。でも全然悔いはありません」

人気記事ランキング