野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルト三輪が延長11回に決勝打! 「真っすぐ1本に絞った」

ヤクルト三輪が延長11回に決勝打! 「真っすぐ1本に絞った」

ヤクルト・三輪正義外野手が、3日の広島戦(マツダスタジアム)で“カープいじめ”だ。

東京ヤクルト神宮

CS進出目指す広島にリーグ王者が立ちはだかる

 ヤクルト・三輪正義外野手が、3日の広島戦(マツダスタジアム)で“カープいじめ”だ。

 同点の延長11回2死満塁、5番手・一岡から決勝の右前適時打を放った。さらに、徳山の押し出し四球で2点差に。14年ぶりのリーグVから一夜明け、逆転でCS進出を目指す広島との4時間20分の死闘を制し、伏兵はヒーローインタビューで淡々と喜びをかみしめた。

――延長戦を制した。

「与えられたところできっちりやることが仕事なので。そういう意味では打ったことは良かったと思います」

――回ってきたチャンスで、会心の当たりだった。

「一岡投手とは何度か対戦していた。だいたいの球の軌道は分かっていました。でも、真っすぐ1本に絞って打ち返そうと思ってました」

――リーグVしたチームの意地を見せた。

「優勝が決まって、変な試合をしていたら。次もありますので、負けるより勝った方がいい。負けてもいい試合などない。そういう意味では最後まで粘り強く出来た」

――ファンへメッセージを。

「これから明日が最終戦ですけど、クライマックス、日本シリーズと続くので、応援よろしくお願いします」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング