野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、“藤浪キラー”松山が先制2ラン CS最後の椅子へ…黒田に援護点

広島、“藤浪キラー”松山が先制2ラン CS最後の椅子へ…黒田に援護点

広島の松山竜平外野手が4日、CS最後の椅子をかけた阪神との一戦で4回、阪神・藤浪から先制の2ランを放った。

20151003_matsuyama

藤浪に対して今季9打数5安打の左打者が貴重な一発

 広島の松山竜平外野手が4日、CS最後の椅子をかけた阪神との一戦で4回、阪神・藤浪から先制の2ランを放った。

 両チーム無得点で迎えた4回。先頭菊池が中前打で塁に出ると、打席には今季試合前まで藤浪に対して打率.556(9打数5安打)をマークしている松山が入った。

 そのカウント1-1からの3球目、インコースに食い込むカットボールを捉えた打球は、ライトスタンドへ飛び込む7号2ランに。相手エースを得意とする男の一発で、先発黒田に大きな援護点をもたらした。

 広島はCS進出に向け、この試合を含めて残り2戦2勝が必須条件となっている。大一番で松山の一発がチームに勢いをもたらすか。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング