野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム西川が珍プレー 落球→右手でボールつかめずスタンドへ→“三塁打”

日ハム西川が珍プレー 落球→右手でボールつかめずスタンドへ→“三塁打”

日本ハムの西川遥輝内野手が5日、まさかの珍プレーを犯した。

20150603_nishikawa

まさかの珍プレーで2つの安全進塁権、次打者はボークで先制点献上

 日本ハムの西川遥輝内野手が5日、まさかの珍プレーを犯した。

 ロッテ戦(QVCマリン)の5回1死。中村の左翼線への飛球に追いつきながらもグラブに当てて失策。西川は右手で落としたボールを取ろうとしたが、キャッチできずにボールは三塁側スタンドへ。2つの安全進塁権が与えられ、“三塁打”となった。

 審判からは「打球がスタンドに入った瞬間に、打者走者は一塁を回っておりましたので、そこから2つの塁を与え、1死三塁から試合を再開します」と説明された。

 その後、投手・高梨が冷静さを失ったのかボーク。先制点につながり、西川はぼう然とするしかなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中