野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 楽天のドラ1安樂がプロ初登板初勝利 6回2安打無失点で王者ホークス斬り

楽天のドラ1安樂がプロ初登板初勝利 6回2安打無失点で王者ホークス斬り

楽天の高卒ドラフト1位ルーキー安樂智大投手が5日、本拠地コボスタ宮城でのソフトバンク戦でプロ初登板初先発を果たした。

甲子園沸かせた剛腕が最高のスタート

 楽天の高卒ドラフト1位ルーキー安樂智大投手が5日、本拠地コボスタ宮城でのソフトバンク戦でプロ初登板初先発を果たした。6回2安打無失点4奪三振で初勝利。5四球を与えたものの、王者ソフトバンクを抑えこんだ。楽天は6-1で快勝。高校時代には甲子園を沸かせた剛腕が、最高の形でプロのキャリアをスタートさせた。

 安樂は初回、上林、川島を二ゴロに仕留め、長谷川には死球を与える。だが、内川を直球で二ゴロに仕留め、上々のスタートを切った。

 すると、楽天はその裏に無死満塁とチャンスを作り、ウィーラーがレフトへ先制の2点タイムリー。さらに、2死三塁となってからフェルナンドがセンターへタイムリーを放ち、3点目を奪った。

 2回、安樂は1死からマツダにライトへのヒットを浴びると、明石には四球で一、二塁。今宮は中飛も、高谷にも四球を与えて満塁のピンチを背負う。ここで上林をフォークで空振り三振。無失点で切り抜けた。

 3回は先頭の川島に四球を与えるも、長谷川を空振り三振、内川を二ゴロで併殺に仕留めて3人で攻撃を終わらせる。4回も先頭の李大浩に四球を与えたが、後続を落ち着いて打ち取った。

 5回は1死から上林にレフトへの二塁打を許すも、川島を中飛、長谷川をピッチャーライナーに仕留めて無失点。6回は内川を右飛、李大浩を二飛、松田は空振り三振と3者凡退と初の3者凡退に抑えた。

 楽天打線はその裏に3点を加え、球数が94球に達した安樂はここで降板。その後は救援陣がリードを守り、楽天は6-1で快勝。注目のドラ1ルーキーに記念すべきプロ1勝目がついた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中