野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大は2被弾で5回降板 一発勝負のWCゲーム先発もPS初勝利はならず

田中将大は2被弾で5回降板 一発勝負のWCゲーム先発もPS初勝利はならず

 ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのワイルドカード(WC)ゲーム・アストロズ戦でポストシーズン(PS)初先発を果たし、5回4安打2失点2奪三振3四球で降板した。コントロールに苦しみ、2本のソロ本塁打を浴びて自身PS初勝利はならず。0-2とリードを許した状況で、わずか83球で無念の降板となった。

痛恨の2被弾で6回まで持たず…、リード許して83球で無念の降板

 ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのワイルドカード(WC)ゲーム・アストロズ戦でポストシーズン(PS)初先発を果たし、5回4安打2失点2奪三振3四球で降板した。コントロールに苦しみ、2本のソロ本塁打を浴びて自身PS初勝利はならず。0-2とリードを許した状況で、わずか83球で無念の降板となった。

 田中は初回、先頭のアルテューべに粘られるも、最後は7球目のカットボールで空振り三振。スプリンガーも空振り三振に仕留めると、コレアは中飛で3者凡退のスタートを切る。

 しかし、2回、先頭のラスマスに初球の直球をライトに運ばれる。特大のソロで先制を許した。その後、2死からバルブエナのヒット、カーターとカストロには四球で満塁のピンチを招く。ここでアルテューべは三ゴロ。ピンチを切り抜けた。

 3回も先頭のスプリンガーにセンターオーバーの二塁打を浴びたが、後続を断って無失点。だが、4回は先頭ゴメスへの初球のスライダーが高めに浮き、レフトスタンドに運ばれて追加点を奪われた。1試合2度の初球ホームランはメジャー初となった。

 その後、1死からカーターに四球を与え、今季のレギュラーシーズン最多と並ぶ3四球となった。ここで早くもブルペンで左腕ウィルソンが投球練習を開始。しかし、カストロは一ゴロでダブルプレー。田中が素早く一塁のベースカバーに入り、併殺を完成させた。

 一方、ヤンキース打線はその裏の攻撃で3者凡退。今季、20勝8敗、防御率2.48でサイ・ヤング賞有力候補と言われる左腕カイケルに抑え込まれる。

 田中は5回、先頭からの攻撃を3者凡退に仕留める。しかし、その裏もヤンキース打線が3者凡退に抑えられると、田中はここで降板。2点のリードを許したままマウンドを降り、2番手ウィルソンが登板した。

 田中は83球を投げてストライクは49球。本調子からは遠く、PS初勝利はならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中