野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、大一番で無念の83球降板 指揮官「これ以上は失点できなかった」

田中将大、大一番で無念の83球降板 指揮官「これ以上は失点できなかった」

ヤンキースは3年ぶりにプレーオフ進出を果たしたが、一発勝負のWCゲームを落とし、地区シリーズ進出はならず。名門球団を率いるジョー・ジラルディ監督は、田中がソロホームランを浴びた2つの失投を嘆いた。地元紙ジャーナルニュースが報じている。

20150429_tanaka4

痛恨2被弾で5回2失点、「大抵の試合であれば、より多くの勝機があった」

 ヤンキースの田中将大投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのワイルドカード(WC)ゲーム・アストロズ戦でポストシーズン(PS)初先発を果たしたが、5回4安打2失点2奪三振3四球で負け投手となった。制球に苦しみ、痛恨の2被弾でわずか83球で降板。試合は0-3で完敗した。

 ヤンキースは3年ぶりにプレーオフ進出を果たしたが、一発勝負のWCゲームを落とし、地区シリーズ進出はならず。名門球団を率いるジョー・ジラルディ監督は、田中がソロホームランを浴びた2つの失投を嘆いた。地元紙ジャーナルニュースが報じている。

 田中を5回で交代させたジラルディ監督は、試合中にダッグアウトから地元テレビのインタビューに登場し「彼は2、3の失投があった。わずかにミスを犯した。ラスマスに速球を引っ張られ、ゴメスには変化球が高めに浮いてしまった」とこの日の投球を振り返った。

 2回には4番ラスマスにライトスタンド上段に特大の一発を浴び、4回にはゴメスに再びソロホームランを浴びた。MLB公式サイトによると、指揮官は試合後に「5回2失点なら大抵の試合であれば、より多くの勝機があったと思う。だが、我々はカイケルを今年攻略することができなかった」と語ったという。

 また、ブライアン・マッキャン捕手の「いいボールを投げていた。相手は真ん中高めの2球につけこんだ。試合が進むにつれていいピッチングになったと思う」というコメントも紹介されている。

人気記事ランキング