野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治、田澤純一は? 地元紙がPO逃したRソックスの選手をランク付け

上原浩治、田澤純一は? 地元紙がPO逃したRソックスの選手をランク付け

米紙「ボストン・ヘラルド」が、プレーオフ(PO)進出を逃したレッドソックスの各選手を評価する特集記事を掲載した。ブルペンを支える2人の日本人右腕は、右手首骨折で終盤戦を棒に振った上原浩治投手が「B+」と及第点だったものの、後半戦に調子を落とした田澤純一投手は「C+」という評価だった。

20150716_uehara_tazawa

上原は右手首骨折で途中離脱、「今後のパフォーマンスに注視しなければ」

 米紙「ボストン・ヘラルド」が、プレーオフ(PO)進出を逃したレッドソックスの各選手を評価する特集記事を掲載した。ブルペンを支える2人の日本人右腕は、右手首骨折で終盤戦を棒に振った上原浩治投手が「B+」と及第点だったものの、後半戦に調子を落とした田澤純一投手は「C+」という評価だった。

 上原は今季もクローザーとして君臨。しかし、8月7日のタイガース戦で右手首に打球の直撃を受けて骨折した。メジャー7年目は43試合で2勝4敗25セーブ、防御率2.23。不運な形でシーズンを終えてしまった40歳について、「B+」をつけた同紙は以下のように評価している。

「8月7日の手首骨折での離脱が影を落としてしまったものの、その時点までに25セーブを記録しており、来季の復帰にも意欲的な上原。来シーズンが契約最終年となっている。2013年優勝の立役者も来年4月で41歳となり、彼の今後のパフォーマンスを注視していかなければならない」

 年齢について“注釈”付きではあるものの、衰えを見せない上原は来季もレッドソックスにとって重要な存在になりそうだ。

人気記事ランキング