野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム斎藤佑、CSへ闘志 「調子がどうとか言ってられない」

日本ハム斎藤佑、CSへ闘志 「調子がどうとか言ってられない」

日本ハムの斎藤佑樹投手が、10日からのCS初登板へ向けた意気込みを語った。

中継ぎとしてブルペン待機有力「力になれるポジションがあるなら全力で投げる」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が、10日からのCS初登板へ向けた意気込みを語った。

 ロッテとのCSファーストステージでは大谷、メンドーサ。第3戦までもつれれば、吉川が先発する。斎藤は中継ぎとしてブルペン待機が有力だ。

――今季は先発→中継ぎ→先発とさまざまなポジションを経験した。スクランブルな起用法となる短期決戦で大きいのでは?

「今年はいろいろなことを経験したので。チームの力になれるポジションがあるなら全力で投げようと思います」

――角中が復帰してロッテ打線の印象も変わる。

「その時、その時で自分の出来ることをやるしないと思います。自分のベストのボールを選んで投げていければ。短期決戦なので、調子がどうとか言ってられないと思います」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中