野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 【パCS】日本ハム大谷、3回途中5失点の大乱調に「申し訳ありませんでした」

【パCS】日本ハム大谷、3回途中5失点の大乱調に「申し訳ありませんでした」

日本ハムの大谷翔平投手が、10日のロッテとのCSファーストステージ第1戦(札幌ドーム)で3回途中5失点で降板し、悔しさをにじませた。

日本ハム

プロ最短KO、「悔しいですけど、いまは気持ちを切り替えて」

 日本ハムの大谷翔平投手が、10日のロッテとのCSファーストステージ第1戦(札幌ドーム)で3回途中5失点で降板し、悔しさをにじませた。

 初回は3者凡退。順調に立ち上がったかに見えたが、2回に捕まった。1死から福浦、クルーズの連打と鈴木の四球で満塁に。続く今江に159キロ直球を痛打され、走者一掃の左中間3点二塁打で逆転された。

 3回も2死から福浦、クルーズ、鈴木と3者連続二塁打で2点を献上。ここで栗山監督が2番手・鍵谷を投入した。直球の最速は160キロをマークしたものの、2回2/3で64球、3奪三振3四球、6安打5失点。2回2/3でのKOは自己最短の大乱調だった。

 大谷は降板後、「申し訳ありませんでした。初回に点を取ってくれたんですけど、守ることが出来ませんでした。悔しいですけど、いまは気持ちを切り替えてチームを信じて応援したいと思います」とコメントをした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング