野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 重要な初戦に競り勝った巨人 勝利の陰にあった亀井の好プレー

重要な初戦に競り勝った巨人 勝利の陰にあった亀井の好プレー

打てなければ、守り勝つしかない。点数を多く取れないのであれば、ワンチャンスをものにするしかなかった。接戦の中、巨人は先発のマイコラス、中継ぎの山口鉄也、澤村拓一の力投がクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージ初戦でのサヨナラ勝利に繋がった。そして、亀井善行の攻守にわたるプレーも見逃せなかった。

巨人

シーズン同様打てなかった巨人、苦しむ中で光った亀井のプレー

 セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージ初戦はシーズンを象徴する戦いになった。巨人は勝ちはしたが、決め手に欠いた。最後は阪神の自滅、サヨナラ四球で勝利を収めた。原監督は「内容はともかくとしても先勝できたことが大きい」と語ったが、3番・坂本勇人、4番・阿部慎之助に当たりがなく、得点を奪えなかったことは頭のどこかに引っかかっていただろう。巨人はシーズン中のように打てなかった。

 打てなければ、守り勝つしかない。点数を多く取れないのであれば、ワンチャンスをものにするしかなかった。接戦の中、巨人は先発のマイコラス、中継ぎの山口鉄也、澤村拓一の力投がサヨナラ勝利に繋がった。そして、亀井善行の攻守にわたるプレーも見逃せなかった。

 1点をリードした6回1アウト三塁。追加点のチャンスで打席に立った亀井は「バットに当てればなんとかなんとかなる。くらいついていきました」と藤浪のストレートやカットボールに照準を定めて、粘った。相手エースのスタミナと集中力を奪っていった。ファウルでしのぎつづけて、最後はピッチャー強襲ヒット。藤浪が捕球できずタイムリーとなった。粘り勝ちだった。

人気記事ランキング