野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督は強気、大谷炎上は誤算じゃない!? 「思ったような投球」

日ハム栗山監督は強気、大谷炎上は誤算じゃない!? 「思ったような投球」

日本ハムの栗山英樹監督が、3位・ロッテとのCSファーストステージ初戦(札幌ドーム)での屈辱的大敗を振り返った。

20150721_kuriyama

試合前から想定していた大谷の炎上、「起こらない可能性はゼロでない」

 日本ハムの栗山英樹監督が、3位・ロッテとのCSファーストステージ初戦(札幌ドーム)での屈辱的大敗を振り返った。

 先発・大谷が3回途中5失点とまさかの炎上。白村ら勝ちパターンの中継ぎ陣も止められず失点を重ねた。初回に田中の適時二塁打で先制した打線も振るわず、3点止まり。下克上を狙うロッテに屈し、崖っぷちに追い込まれた。

 試合後の栗山監督は、気丈に報道陣の取材に応じた。

――6点差で大敗した。

「負けてしまったことよりも、こういう試合をしてしまったことが申し訳ない。ドキドキするような展開で負けないといけない。申し訳ない。CSに出ているチームの責任。選手は一生懸命やっている。全てはオレのせい。これが大きな物になると信じている」

――先発の大谷が3回途中6安打5失点でKOされた。

「気持ちは入っていたし、こちらが思ったような投球だった」

――2回に捕まり、3回も修正できなかった。レギュラーシーズン中には見られない投球だった。

「試合前に言った通り、(大谷)翔平はいろんな物を背負っている。『こういう投球が起こらない可能性はゼロでない』と言っていた。まだまだやらなきゃいけないことがあるということ。翔平をかばうわけではないけど、これが野球の難しさ。負けて悔しい思いをしている。去年も同じだったけど、崖っぷちに追い込まれた時に何が出来るのか。明るく元気を出してやっていく」

人気記事ランキング