野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神、ゴメス&マートン連発、メッセ好投で逆王手! 助っ人トリオでG撃破

阪神、ゴメス&マートン連発、メッセ好投で逆王手! 助っ人トリオでG撃破

セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージの第2戦が11日、東京ドームで行われ、阪神が巨人に4-2で勝利した。

CSファーストSは1勝1敗 巨人はエース菅野がまさかの4失点

 セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージの第2戦が11日、東京ドームで行われ、阪神が巨人に4-2で勝利した。

 巨人先発・菅野から、最初に先制点をもぎ取ったのは4番の一発だった。ランナーを1人置いてゴメスがスライダーをとらえ、左中間への2ランアーチ。さらに続く5番・マートンも菅野の失投をレフトスタンドに運び、2者連続弾。いきなり3点を先取した。

 先発したメッセンジャーはその裏、先頭の立岡に右中間への三塁打を浴びると、片岡の三ゴロの間に1点を失う。しかし、2回以降は無失点投球を続け、立ち直りを見せた。

 4回には1死一、二塁から、メッセンジャーの投前へのバントを菅野が三塁へ悪送球。二塁ランナー江越が生還し、1点を追加。3点差に広げる。

 メッセンジャーは7回にアンダーソンにレフトへのソロアーチを浴びるも、この回まで投げきり2失点で降板。その後のリードを救援陣が守り、逃げ切った阪神。CSファーストステージ2戦目は勝利を収めた。

 阪神は前日10日に初戦を落としており、この試合で敗れるか引き分けでCS敗退が決まる崖っぷちの一戦だった。しかし、外国人トリオの活躍で巨人を撃破。1勝1敗に持ち込み、12日に勝利すればファイナルステージ進出と、逆王手をかける形になった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中