野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • “坂本外し”も必要!? ファイナル進出へ、巨人がすべきこととは?

“坂本外し”も必要!? ファイナル進出へ、巨人がすべきこととは?

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2戦(東京ドーム)は11日、阪神が4-2で巨人を破り、1勝1敗のタイとした。この日の勝敗を分けたポイントはどこにあったのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は、3点を追う5回2死一、三塁のチャンスで阿部が凡退した場面を挙げる。

巨人

阪神に逆王手をかけられた巨人、坂本の復調は「悠長に待っていられない」

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2戦(東京ドーム)は11日、阪神が4-2で巨人を破り、1勝1敗のタイとした。逆王手をかけられた巨人は、打線が相手先発メッセンジャーを攻略できずに敗戦。7番に降格した主将の坂本勇人内野手は3打数1四球1安打だったものの、不調から抜け出せていない。

 この日の勝敗を分けたポイントはどこにあったのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は、3点を追う5回2死一、三塁のチャンスで阿部が凡退した場面を挙げる。

 そこまで2安打を放っていた4番は、2ボールからメッセンジャーの低めへの直球に手を出し、三邪飛に倒れた。野口氏は「今年のジャイアンツを象徴するような場面。最大のポイントでした。それまで2安打していたバッターも打てずに終わりました」と指摘する。

 野口氏は「現在の阿部の状態はいい」と見ている。「もちろん、良かった時の阿部ではないけど、今年のレギュラーシーズンと比較するといい状態に見えます」。それだけに、痛い場面だった。

「その前の阿部の2打席を見ていれば、状態が良かっただけに、あそこで取れなければ、試合に勝つのは厳しいという感じはありました。ベンチでもその雰囲気が出ていたでしょうから。案の定、あそこで点を取れなくてズルズルと行ってしまった。あそこが悔やまれます。しかも、ファウルフライというのは、アウトのなり方が悪かった。打ち損じのファウルフライでしたから」

人気記事ランキング