野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク武田、5回途中で無念の降板

ソフトバンクの武田翔太投手が14日、ロッテとのCSファイナルステージ初戦(札幌ドーム)で先発したが、無念の5回途中降板となった。

4回1/3で6奪三振3四球、5安打2失点

 ソフトバンクの武田翔太投手が14日、ロッテとのCSファイナルステージ初戦(札幌ドーム)で先発したが、無念の5回途中降板となった。

 初回は3者凡退でスタートしたが、3回2死一、二塁から清田の右越え2点二塁打で先制点を献上。4回はデスパイネの四球、今江の安打に自身の暴投などで1死二、三塁とされたが、鈴木、田村と2者連続空振り三振に仕留めた。

 5回は伊志嶺の中前安打、角中の右中間二塁打で無死二、三塁。清田を三ゴロに打ち取ったところで降板となった。4回1/3で6奪三振3四球、5安打2失点。今季チームトップの13勝(6敗)を挙げた右腕でも下剋上を狙うロッテを止められなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中