野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人アンダーソンが追加点の2点適時打! ファイナルS初戦勝利へ3点差

巨人アンダーソンが追加点の2点適時打! ファイナルS初戦勝利へ3点差

巨人のレスリー・アンダーソン外野手が14日、ヤクルトとのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ初戦で追加点となる2点タイムリーを放った。これで巨人は4-1とリードを広げた。

full-count11

ヤクルトロマンの147キロ叩きつけ、前進守備のセカンド越える

 巨人のレスリー・アンダーソン外野手が14日、ヤクルトとのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ初戦で追加点となる2点タイムリーを放った。これで巨人は4-1とリードを広げた。

 2-1と1点リードの6回。1死二、三塁から投手・田原に打順が回ると、打席には代打・アンダーソンが告げられた。

 ヤクルト2番手ロマンの4球目。147キロのストレートをたたきつけた打球は前進守備のセカンドの頭を抜け、ライト前へ転がった。これで2人のランナーが生還。巨人は中盤で大きな追加点を手に入れた。

 これで3点差。ファイナルステージはシーズン1位チームのヤクルトに1勝のアドバンテージが与えられている。それだけに、初戦を制しまずはタイに持ち込みたい巨人。助っ人のバットが初戦勝利を大きく手繰り寄せている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング