野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • CSファイナル初戦でG阿部&長野に珍プレー アウトの宣告に呆然…

CSファイナル初戦でG阿部&長野に珍プレー アウトの宣告に呆然…

14日の巨人とヤクルトのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナル初戦で珍プレーが起きた。

full-count11

フェンス際の打球をヤクルト上田が好捕も…判定はセーフ

 14日の巨人とヤクルトのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナル初戦で珍プレーが起きた。

 7回1死からヒットの阿部を一塁に置いて、打席には長野。

 3番手松岡に対してフルカウントからの6球目を捉えると、打球はセンターフェンス際へ。ヤクルト上田がフェンスぎりぎりで捕球したかに思えたが、審判の判定はセーフ。一見捕球したかに思えた微妙なプレーだったが、フェンスに当たった後の捕球と判断したようだ。

 しかし一塁ランナーの阿部は捕球をしたと判断し一塁へ帰塁すると、打者走者の長野と一二塁間ですれ違う形になった。

 この瞬間、一塁塁審が長野にアウトを宣告。ヒットの場合、打者走者が前にいる走者を追い越せば、打者走者がアウトになる。阿部は一塁に残る形となり、2死一塁で試合が再開された。

 打球がアウトだと判断した阿部と長野。この判定に呆然とした表情を見せていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング